日本語EnglishFrancaise中文(簡体字)中文(繁體字)韓国語  
   
  • 浜離宮恩賜庭園
  • 旧芝離宮恩賜庭園
  • 小石川後楽園
  • 六義園
  • 向島百花園
  • 清澄庭園
  • 旧古河庭園
  • 旧岩崎邸庭園
  • 殿ヶ谷戸庭園
六義園
庭園へ行こう。ホーム > 六義園 > お知らせ 文字サイズ変更文字を小さく文字を中くらいに文字を大きく

お知らせ

2017/6/19

【六義園】あじさい見頃続いています

DSC_0502.JPG

本紫陽花がたくさん咲いています

DSC_0570.JPG

心泉亭と「城ケ崎」

DSC_0446.JPG

上を見上げるとタイサンボクの大きな花が!

DSC_0856.JPG

じめじめする日には冷抹茶をどうぞ

DSC_0394.JPG

本紫陽花とつつじ茶屋


六義園のアジサイは見頃が続いています。
手まり咲きで華やかな本紫陽花、城ケ崎などの額紫陽花が見頃を迎えています。
この後6月末まで見頃は続く見込みです。
梅雨入りしてじめじめした気候の日が続きますが、新緑に囲まれた六義園で、
しっとりとしたアジサイや初夏の花と庭園をお楽しみください。
吹上茶屋では冷たい抹茶や冷甘酒も販売しています。

ちなみに、六義園はアジサイで有名な白山神社からも電車で一駅!
今週末はぜひアジサイめぐりにお越しください。

2017/6/19

★受付終了★【六義園】「江戸うちわづくりに挑戦!」のお知らせ

「江戸うちわ作りに挑戦!」は定員に達したため、受付を終了いたしました。
たくさんのご応募誠にありがとうございました。

六義園160728江戸うちわ作りに挑戦74.JPG

六義園オリジナルの「江戸うちわ」を作ります

六義園160728江戸うちわ作りに挑戦177.JPG

伝統工芸士による技を間近でご覧いただけます

DSC_0031.JPG

お抹茶セット付き!

六義園160831 つつじ茶屋 (4).JPG

完成したうちわを持ちながら園内散策はいかがですか

六義園160930玉藻磯からの中の島-2.jpg


夏に向けて、六義園でオリジナルうちわを手作りする「江戸うちわ」づくり教室を開催します。

伝統工芸「江戸うちわ」は、江戸時代、浮世絵や木版刷りの技術を取り入れて、歌舞伎役者の似顔絵や美人画、風景画などを描いた絵うちわとして流行し、小粋な夏の風物として江戸の女性の装飾品として好まれていました。
現代まで続くこのうちわは竹の選別から始まり、完成まで21もの工程があり、非常に丹念に作られています。

今回、六義園では「江戸うちわ」作りの技術を継承してきた職人を講師に迎え、オリジナルのうちわを作っていただきます。
小さなお子様も楽しく作ることができます。ぜひご家族・ご友人と、緑あふれる六義園で日本の伝統の技に触れてみませんか。

日  時:平成29年7月29日(土)
    10時~12時(受付は9時30分から)

場  所:六義園サービスセンター

内  容:六義園とうちわの歴史を学びながら、「江戸うちわ」づくりを行います

講  師:太田 美津江氏(伝統工芸士)

定  員:20名(事前申込制・先着順)

参加費:2,000円(入園料別途)※冷抹茶付き

お申込み:6月19日(月)からメールにて受付いたします。
 メールの件名に「江戸うちわ作り申込」とご記入の上、
 本文に①江戸うちわ作り ②参加者全員の氏名 ③代表者の電話番号 をご記入の上、
 2teien-kouza@tokyo-park.or.jp
 までお申込下さい。
 ・1件につき4名様までお申込みいただけます。
 ・定員になり次第、受付終了となります。

みなさまのご応募をお待ちしております。

2017/6/ 5

【六義園】職員による「あじさい特別ガイド」実施します

DSC_0078.JPG

打ち上げ花火のような「花火」

DSC_0070.JPG

軸が黒い「黒軸」

DSC_0894.JPG

お土産にどうぞ「あじさい金平糖」

DSC_0779.JPG

滝見茶屋で涼やかなひと時を

六義園160525あじさい特別ガイド24.JPG

当園職員が和のあじさいについて解説します(写真は昨年の様子)


六義園のアジサイは、早咲きのヤマアジサイが見頃、
遅咲きのガクアジサイも咲きはじめ、多くの品種が花開いてきました。
ガクアジサイは全体的に大きく、迫力があります。
打ち上げ時花火のように見えることから名づけられた「花火」、
若枝が真っ黒の「黒軸」、大きく薄い青色が美しい「城ケ崎」などがこれから見ごろを迎え、
6月下旬まで見頃が続く見込みです。
雨に濡れ、淡い花の色が濃くなったアジサイの姿もまた格別です。
この季節ならではの光景をお楽しみください。

この見ごろを迎えたアジサイについて当園職員が解説する
「あじさい特別ガイド」を実施します。
六義園の「和のあじさい」は街なかのアジサイとどこがちがうのか、
アジサイの見分け方や特徴について分かりやすく解説します。
皆様お誘いあわせの上、お越しください。

職員によるあじさい特別ガイド
 日時:6月7日(水)13:30~
 集合:六義園サービスセンター前
 参加費:無料(入園料別途)
 自由参加。当日集合場所にお集まりください。

2017/6/ 2

サツキとヤマアジサイを楽しむ

DSC_0793.JPG

色づいた紅やま

DSC_0875.JPG

冷抹茶始めました

DSC_0866.JPG

吹上茶屋からサツキを眺める

DSC_0736.JPG

甘茶

DSC_0824.JPG

見頃が続くサツキ

正門から入り、しだれ桜前の庭門をくぐると、
広がる池と青々とした芝や木々の中に、
一際目立つサツキが目に飛び込んできます。

毎年多くの方にお楽しみいただいているサツキは、まだ見頃が続いていますが、
雨などで花びらの色が変わってしまうので、
お早めにご覧ください。
園内約200株ございます。

多種多様なヤマアジサイも見頃です。
西洋アジサイに比べて、普段目にすることが少ない和のアジサイですが、
一つ一つ特徴が全く違います。

例えば、上の写真にもある「甘茶」は、
葉に甘味があり、甘味料として使われていました。

アジサイは園内15品目約1000株ございます。

吹上茶屋では冷甘酒に続き、冷抹茶の販売も始まりました。
こちらも期間限定のあじさい金平糖もございます。
園内散策の休憩に、ぜひお立ち寄りください。

2017/5/29

【六義園】さつきが見頃です!

DSC_0469 (2).JPG

玉藻磯

DSC_0488.JPG

シチダンカ

DSC_0464 (3).JPG

ホンアジサイ

DSC_0506.JPG

ミヤマヤエムラサキ

DSC_0472 (2).JPG

玉藻磯から出汐湊に向かって

サツキが見頃を迎えました!

園内約200株、池周辺をメインに、新録に映えて美しいです。
水面に映った姿にもご注目。

また、和のあじさいも見頃になっています。
上の写真にあるシチダンカは、幻のあじさいと言われていました。
その他、アジサイは15品種約1000株が園内にございます。

吹上茶屋では、冷甘酒、あじさいの金平糖が期間限定で販売中です。
お抹茶も、あじさいを模った上生菓子と一緒にお楽しみいただけます。

初夏の六義園でごゆっくりとお過ごしください。

 
ページの上部へ
   
東京都公園協会のご案内お問い合わせ
サイトポリシー・ガイダンス個人情報の取扱について Copyright © 公益財団法人 東京都公園協会. All rights reserved.