日本語EnglishFrancaise中文(簡体字)中文(繁體字)韓国語  
   
  • 浜離宮恩賜庭園
  • 浜離宮恩賜庭園
  • 小石川後楽園
  • 六義園
  • 向島百花園
  • 清澄庭園
  • 旧古河庭園
  • 旧岩崎邸庭園
  • 殿ヶ谷戸庭園
旧芝離宮恩賜庭園
庭園へ行こう。ホーム > 旧芝離宮恩賜庭園 > 概要 文字サイズ変更文字を小さく文字を中くらいに文字を大きく

概要

outline02901.jpg

小石川後楽園と共に、今東京に残る江戸初期の大名庭園の一つです。回遊式泉水庭園の特徴をよくあらわした庭園で、池を中心とした庭園の区画や石の配置は、非常に優れています。
明暦(1655~1658年)の頃に海面を埋め立てた土地を、延宝6年(1678年)に老中・大久保忠朝が4代将軍家綱から拝領しました。
忠朝は屋敷を建てるにあたり、藩地の小田原から庭師を呼び庭園を造ったと言われています。庭園は「楽壽園」と呼ばれていました。

outline02902.jpg

庭園は、幾人かの所有者を経たのち、幕末頃は紀州徳川家の芝御屋敷となりました。明治4年には有栖川宮家の所有となり、同8年に宮内省が買上げ、翌9年に芝離宮となりました。離宮は、大正12年の関東大震災の際に建物や樹木に大変な被害を受けました。
翌年の大正13年1月には、皇太子(昭和天皇)のご成婚記念として東京市に下賜され、園地の復旧と整備を施し、同年4月に一般公開しました。また、昭和54年6月には、文化財保護法による国の「名勝」に指定されました。

基本情報

●開園年月日 大正13年4月20日
●開園面積 庭園 42,035.40平方メートル 、開放公園 1,139.96平方メートル(平成27年7月1日現在)
●樹木数 高木:
低木:
芝生:
●主な植物 クロマツ、クスノキ、タブノキ、サツキ、サクラ、フジ、ハナショウブ、キキョウ、ハマユウ、ツワブキ、ヒガンバナ
●施設 弓道場(和弓用) 9:00~16:00
1時間 140円
※道具はお持ちになってください。また指導員等は居りません。月曜日(祝日の場合は翌日)の午前中は整備のため利用できません。

車いす通行可ルートはこちら
 
ページの上部へ
   
東京都公園協会のご案内お問い合わせ
サイトポリシー・ガイダンス個人情報の取扱について Copyright © 公益財団法人 東京都公園協会. All rights reserved.