お知らせ

2018年7月 2日

7月22日開催【徳冨蘆花生誕150年記念】かやぶきコンサート

徳冨蘆花生誕150年記念かやぶきコンサート
♪ギター弾き語りとフルート演奏♪

蘆花恒春園では、徳冨蘆花旧宅を舞台に「かやぶきコンサート」を開催します。
徳冨蘆花生誕150年を迎える今年度の第二弾は爽やかなギターとフルートの共演です。
緑深まる夏の恒春園で、ステキな歌声と演奏をお楽しみください。
【日  時】 平成30年7月22日(日) 13:30~15:00
       ※荒天中止
【会  場】 蘆花恒春園 梅花書屋前
【参加方法】 当日、直接会場にお越しください。 ※参加費無料
【出  演】 さが ゆき(ギター弾き語り)、畠山 みつこ(フルート)

※ご参加のお客様へ
観客席は屋外にあります。蚊の防除のため、長袖・長ズボン等の着用をお勧めします。
また、熱中症予防のため、帽子や飲み物をお持ちいただくようお願いいたします。

IMG_6433.jpg さが ゆき(ギター弾き語り)
IMG_6438.jpg 畠山 みつこ(フルート)

【出演者プロフィール】

さが ゆき(ギター弾き語り)
東京出身。
10代からジャズシンガーとして大小のステージに出演し、その自在な感性と歌声は、中村八大氏から「現代の巫女」と称され、のちに氏の専属歌手となった。
さらには、言葉を伴わない「声」を楽器とした幻想的な完全即興を歌える稀有なアーティストとして国際的にも知られ、フランス「Jazz in Japan Ⅵ」、アムステルダム「メシアン記念音楽祭」、インド「Jazzヤトラー音楽祭」、オランダ「Northnetheland Jazz Festival」、韓国「光州アートフェスティバル」「全州ソリフェスティバル」などにも招聘される。
ジャズはスイング期を中心に1910年代から現代まで。
そしてボサノヴァ、ファド、歌謡曲、ポップスなどあらゆる時代の人気音楽を掌中におさめる。
一方で、後進の音楽家を多数輩出し、2009年には高橋悠治作曲「眼の夢」初演を行う等、現代アートの先端にも自在に出入りしている。


畠山 みつこ(フルート)
福岡県出身、作陽音楽大学(現 くらしき作陽大学)卒業。
1995年、米国モデスト市にて親善コンサートに出演。
第6回日本フルートコンベンションコンクール アンサンブル部門 第2位。
第7回同コンクール 第1位。
フルート&ピアノのユニット「アズール」による全曲オリジナルアルバム「Azure」をリリース。
フルートアンサンブル「ムーセ」によるライブ盤CD「Muβe Alive」に参加。
現在、ジャズやボサノバなど多岐にわたるジャンルでライブ活動を行いながら、後進の指導にもあたっている。

ページの先頭へ戻る