ページの先頭です

文字サイズ

背景色

小峰公園・小峰ビジターセンター

こみねこうえん・こみねびじたーせんたー

ここから本文です

レンジャーブログ

2022年04月10日

畑作体験「おいしい野菜づくり」 の「第1回 土づくり、種芋の植え付け、種まき」を 開催しました

小峰公園では、園内の畑にて作物を育て、収穫を体験する、畑作体験プログラム「おいしい野菜づくり」を行っています。

今年は、連続4回講座の中で、「ジャガイモ」と「枝豆」づくりを行います。

今回は、4月9日(日)に実施した「第1回 土づくり、種芋の植え付け、種まき」の様子をご紹介します。

当日は天候に恵まれ、また、桜の見ごろがピークを迎える中での開催となりました。
八坂神社から桜辻を通って、春の公園の景色を見ながら畑へ向かいます。

 

最初に行ったのは土づくり。
小峰公園では、園内の落ち葉を集めて腐葉土をつくっています。
それをふるいにかけて未分解の落ち葉や小枝を取り除き、ふかふかの上質な腐葉土を集めます。

 

落ち葉を集めて腐葉土を作っていると、そこを利用する生き物たちも集まります。
落ち葉溜めから腐葉土を持ってくるときに見つけたカブトムシの幼虫を、みんなで観察しました。カブトムシの幼虫は、落ち葉を食べ、ふかふかの土をつくってくれる、里山の代表的な生きものの一つです。

 

土の準備ができたらジャガイモの植え付けです!
ふるった腐葉土を植え溝に敷いてから、種芋を丁寧に並べ、土をかぶせていきます。
参加者7人を小峰公園ボランティアと一緒にサポートし、74箇所植えつけました。

 

ジャガイモの次は枝豆の種まきです。
公園内の落ち葉や枯れ木を燃やして作った炭と畑の土をふるいにかけてからよく混ぜて、育苗ポットに枝豆の種をまきました。
最後にじょうろでたっぷり水をあげて、完了です!

 

次回は5月に、「第2回 芽かき、土寄せ、植え付け」を行います。

ページの先頭へ戻る