ページの先頭です

文字サイズ:

背景色:

トップページ > お知らせ一覧 > 小山内裏公園 > 7月中旬の昆虫 ~7月13日版~

2019年7月13日

7月中旬の昆虫 ~7月13日版~

梅雨空が続いていますが、ニイニイゼミが鳴き始めていたり、クヌギの樹液にはカナブンやスズメバチ類が飛来していたりと、夏の昆虫も増えています。

草原では様々なバッタやカマキリの幼虫がいて、だんだん大きくなっています。

あと少しでヒグラシやアブラゼミなどが鳴き始めるでしょう。
小山内裏公園190713クロコノマチョウ (3).jpg クロコノマチョウ(夏型) タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科では関東で最大種です。年2回夏と秋に発生し、成虫で越冬します。幼虫はジュズダマの葉を食べます。
小山内裏公園190713シロモンノメイガ.jpg シロモンノメイガ 昼間活動し、花に飛来します。ツトガ科ノメイガ亜科の小さなガで、マドガに似ていますが模様が違います。
小山内裏公園190713コシロシタバ.jpg コシロシタバ 夜の樹液に集まるガの中では常連で、木の皮にそっくりな前ばねには小さな白丸があり、後ろばねは白黒の帯模様です。
小山内裏公園190713オオカマキリ幼虫.jpg オオカマキリの幼虫 幼虫はまだ小さなサイズが大半で、8月下旬頃から成虫が見られます。幼虫の時期から褐色型と緑色型があります。
小山内裏公園190713リスアカネ羽化.jpg 羽化直後のリスアカネ 7月頃に成虫になり、8~9月には早くも赤く成熟したオスが見られます。赤とんぼの仲間で、はねの先端が褐色です。

ページトップへ戻る