ページの先頭です

文字サイズ:

背景色:

トップページ > お知らせ一覧 > 小山内裏公園 > 9月末のクモと昆虫 ~9月29日版~

2019年9月29日

9月末のクモと昆虫 ~9月29日版~

今年は9月末になってもやや暑い日が多いようです。

アブラゼミとツクツクボウシはまだかなり鳴いていますが、他のセミの鳴き声はそろそろ終息してきました。

クモは秋にも多く、特に木立の合間に網を張るジョロウグモは数も多く、目立ちます。

秋の風物詩でもあるモズの高鳴きも始まりました。
小山内裏公園190929ジョロウグモ.jpg ジョロウグモ 成体は金色の網を三重に張り、晩夏~初冬に見られます。中央の大きなクモがメスで、アオマツムシを捕食中です。オスは極端に小さく、左上にいます。
小山内裏公園190929コガタコガネグモ (2).jpg コガタコガネグモ 成体は初秋に見られ、網にX字の隠れ帯があります。園内では初秋樹林地のへりなどで毎年見つかります。
小山内裏公園190929ツマグロヒョウモン.jpg ツマグロヒョウモン(左:オス、右:メス) 20年ほど前までは西日本にだけ生息するチョウでしたが、近年は園内でも大量に見られます。オスは全体にオレンジ色に黒点模様ですが、メスは前ばねの先端が黒いです。
小山内裏公園190929ミドリヒョウモン♂ (5).jpg ミドリヒョウモン やや暗くくすんだオレンジ色に黒点模様があります。写真はオスで、前ばねの内側に黒線があります。園内では秋に時々見られます。
小山内裏公園190929コカマキリ (2).jpg コカマキリ 小さなカマキリで、カマの内側にピンク・白・黒の三色の帯模様があります。卵は細長いふわふわした塊の中に産み付けられます。

ページトップへ戻る