ページの先頭です

文字サイズ:

背景色:

トップページ > お知らせ一覧 > 小山内裏公園 > 11月末の植物と昆虫 ~11月30日版~

2019年11月30日

11月末の植物と昆虫 ~11月30日版~

ここ数日の寒さで園内の木々の紅・黄葉が急速に進み早くも終盤に差し掛かってきました。

南広場のトウカエデはかなり散っており、メタセコイアは紅葉し始めました。

花はサザンカやツワブキ、ホトトギスなどはまだ咲いていますが、コウテイダリアが霜でそろそろ終わりです。
小山内裏公園191130カラスウリ (1).jpg カラスウリの実 尾根緑道沿いなどで見られるつる植物の実で、雌雄異株なので雄株には実がなりません。花は夏の夜に咲きます。
小山内裏公園191130サルトリイバラ (1).jpg サルトリイバラの実 茎が木質化したつる植物の実で、雑木林に自生しています。秋に赤い実がなります。葉はルリタテハの幼虫が食べます。
小山内裏公園191130トキワハゼ (1).jpg トキワハゼの花 背が低い小さな草で、春から初冬まで花期が長いためこの名があります。日当たりが良く草丈が低い場所に生育します。
小山内裏公園191130ニトベエダシャク.jpg ニトベエダシャク 11月頃に成虫が発生するガで、園内では普通種です。幼虫はカバノキ科、モクセイ科など様々な広葉樹の葉を食べるシャクトリムシです。
小山内裏公園191130ヒメシャラ (1).JPG ヒメシャラの紅葉 ツバキ科の落葉小高木で、園内数か所に植栽されています。赤や黄色に紅葉します。6月頃にナツツバキより少し小さな白い花が咲きます。

ページトップへ戻る