ページの先頭です

文字サイズ:

背景色:

トップページ > お知らせ一覧 > 小山内裏公園 > 6月3週目の昆虫 ~6月20日版~

2022年6月20日

6月3週目の昆虫 ~6月20日版~

コシアキトンボやキイトトンボの成虫が飛び始めた一方で、シオヤトンボやクロスジギンヤンマ、ヤマサナエといった春のトンボの季節が終わり、トンボは入れ替わりの季節を迎えています。

ほかにも、オオシオカラトンボ、シオカラトンボ、ショウジョウトンボあたりが池の常連になっています。
小山内裏公園220620アカシジミ).JPG アカシジミ

年1回5月下旬~6月にだけ見られるチョウです。よく似たウラナミアカシジミも同じ時期に見られますが、はねの外側の模様が違っています。

小山内裏公園220620オオチャバネセセリ (1).JPG オオチャバネセセリ

園内ではやや少ないですが、6~7月に時々見られます。イチモンジセセリに似ていますが、後ろばねの白紋がジグザグに並ぶのが特徴です。

小山内裏公園220620アゲハモドキ.JPG アゲハモドキ

成虫は年2回今頃と晩夏に発生します。有毒のジャコウアゲハに擬態しているため天敵の鳥が食べるのを嫌うと言われています。

小山内裏公園220620フタスジモンカゲロウ (2).JPG フタスジモンカゲロウ

園内ではカゲロウは少ないのですが、夜間照明に飛来していました。胴体に逆八の字型の模様があり、はねには目立つ模様がありません。

小山内裏公園220620キイトトンボ.JPG キイトトンボの未熟個体

少し前からサンクチュアリの池で羽化が始まりました。成熟するとオスは胴体が鮮やかな黄色で背中の後方に黒い部分がある色になり、メスは黄色またはくすんだ緑色になり模様はありません。

ページトップへ戻る