ページの先頭です

文字サイズ:

背景色:

トップページ > お知らせ一覧 > 小山内裏公園 > 7月初めの昆虫 ~7月4日版~

2022年7月 4日

7月初めの昆虫 ~7月4日版~

今日は猛暑が一段落して、梅雨に戻ったような涼しい雨の日となりました。

先月末にはニイニイゼミ、今月に入ってからはヒグラシも鳴き始めるなど、夏の昆虫の出足は早めです。

池では、コシアキトンボやショウジョウトンボ、シオカラトンボ類、キイトトンボなどが活発に飛び交い、夏のにぎわいを見せています。

小山内裏公園220704ヤマトタマムシ.JPG ヤマトタマムシ

夏に見られる色鮮やかな甲虫です。光の当たり具合によって色が違って見えることから「玉虫色」という表現が生まれました。

小山内裏公園220704アオメアブ.JPG アオメアブ

7~8月頃草原で見られます。複眼が緑色で美しいですが、他の昆虫を捕食するハンターです。園内では毎年見られます。

小山内裏公園220704ジャコウアゲハ幼虫.JPG ジャコウアゲハの幼虫

成虫は年2回春と夏に発生します。幼虫はウマノスズクサの葉を食べてその毒を体内にためる性質があり、天敵の鳥が食べるのを嫌うと言われています。

小山内裏公園220704オオヤマトンボ.JPG オオヤマトンボ

広々とした池を好む大きなトンボで、園内では大田切池で毎年見られます。長時間飛び続けてなかなか止まらないため、撮影しにくいです。

小山内裏公園220704キイトトンボ.jpg キイトトンボ(左:羽化直後、右:産卵)

6月からサンクチュアリの池で羽化が始まりました。雌雄連結して産卵し、連結時は上にいるのがオスです。東京都のレッドリスト2020年版では多摩部でEN(絶滅危惧ⅠB類相当)に指定されています。

ページトップへ戻る