ページの先頭です

文字サイズ:

背景色:

トップページ > お知らせ一覧 > 小山内裏公園 > 7月初めの花 ~7月4日版~

2022年7月 4日

7月初めの花 ~7月4日版~

今年は梅雨が早く明けて猛暑の日が続きましたが、夏の花の開花は少し早い程度、ネジバナやムラサキシキブは早めに終息していきました。

今回紹介した以外では、オトギリソウ、コケオトギリなども咲いていました。

これから7月中旬にかけては、アキノタムラソウ、ヤマユリなどが咲きはじめます。

小山内裏公園220704リョウブ (1).JPG リョウブ

雑木林で見られる落葉小高木で、樹皮がよくはがれています。花にハチやチョウの仲間など様々な昆虫が蜜を吸いに飛来します。

小山内裏公園220704ネムノキ (1).JPG ネムノキ

雑木林や園路の脇などでよく見られます。ピンク色のひものような花が特徴的です。その名の通り夜は葉が閉じます。

小山内裏公園220704チダケサシ (1).JPG チダケサシ

やや湿った草地で見られ、群生することが多いです。花期は6月末から7月頃です。白~淡いピンク色の花が穂になって咲きます。

小山内裏公園220704ヒメガマ (1).JPG ヒメガマ

園内では南東側の調整池で見られます。ガマやコガマと似ていますが、本種は穂が細長く、上の雄花と下の雌花の間に隙間があるのが特徴です。

小山内裏公園220704ヤブカンゾウ (1).JPG ヤブカンゾウ

草原や湿地で見られます。ニッコウキスゲやノカンゾウなどに近い仲間ですが、八重咲きに咲くのが特徴です。花期は6月末から7月までです。

ページトップへ戻る