ページの先頭です

文字サイズ:

背景色:

トップページ > お知らせ一覧 > 長沼公園 > 長沼公園の生きものたち(3月前半)

2019年3月14日

長沼公園の生きものたち(3月前半)

長沼公園のカタクリたちがつぼみをつけ始めました。

普段は閉鎖して管理しているカタクリの自生地を3月23日(土)から少しの間、公開いたします。
【3月23日(土)は、カタクリイベント開催のため、長沼公園の駐車はご利用いただけません。】

詳しくは、「長沼公園トップ」ページの「イベント情報」をご覧ください。
1年目カタクリ.JPG 1年目のカタクリ 1年前の種が発芽しました。1年目のカタクリの葉は細長くひょろっとしています。
2年目以降カタクリ.JPG 2年目以降の1枚葉たち 2年目から数年間は、1枚だけ葉を出して養分を貯めては、また次の春まで地面の下で過ごします。そうして毎年、少しづつ葉を大きくしていきます。
3ドングリとカタクリ.JPG 小さな1枚葉 おそらく2年目でしょう。コナラのドングリよりひと回り小さい1枚葉です。
42枚葉カタクリ.JPG 2枚葉とつぼみ 10年近くを1枚葉ですごして充実してくると、カタクリは2枚葉を出すようになります。2枚葉を出した年は花を咲かせます。長沼公園のカタクリの2枚葉たちも、写真のようなつぼみをつけ始めています。

ページトップへ戻る