ページの先頭です

文字サイズ:

背景色:

トップページ > 自然に親しむ > 季節の生きものコラム > 草の冬ごし ~ロゼット~

季節の生きものコラム

草の冬ごし ~ロゼット~

多くの草は、冬に地上部が枯れて春に新しく芽を出します。一方、冬も緑色の葉を放射状に広げて地面にぴったりつけた状態で過ごすものもかなりあります。この状態のことを、形が似ていることからロゼット(バラの花の意味です。)と言います。ロゼットは、寒気が直接当たる危険がある一方、春には種から芽を出すものより先に成長出来る点では有利です。

植物

写真:コウゾリナ

コウゾリナ

花:黄色。茎に赤い剛毛が生えています。
花期:春~秋(主に4~5月)

写真:カントウタンポポ

カントウタンポポ

花:黄色。日本在来のタンポポ。
見られる時期:主に3~5月

写真:オニタビラコ

オニタビラコ

花:黄色くて小さい。冬は葉が赤みを帯びています。
花期:春~秋(主に4~5月)

オニノゲシ

花:黄色。葉に鋭いとげがたくさんあります。
見られる時期:春~秋(主に春)

ハルジオン

花:白かピンク色。花時に根際の葉があります。
見られる時期:春

写真:キュウリグサ

キュウリグサ

花:水色。葉をもむとキュウリのにおいがします。
見られる時期:春

多摩丘陵で出会える植物たち

自然に親しめる公園

ハイキングコースを歩こう

自然に親しむ糸口

ページトップへ戻る